フルーツ酵母を支える成分

肌活性に有効な成分を融合

プラント・シナジー・コンプレックス

フルーツ酵母発酵液にプラント・シナジー・コンプレックスやグリチルニチン酸ジカリウム(2K)グリチルレチン酸ステリアルといった肌活性に有効な成分を融合させることにより、老化をはじめとする肌トラブルに効果をもたらします。

6つの生薬エキスをバランスよく漢方的に配合された肌改善成分

6つの生薬エキスをバランスよく漢方的に配合された肌改善成分漢方的配合とは、各生薬の特徴を更に活かすことができる配合のことをいいます。

含有成分とその効果

美白効果(霊芝エキス)

霊芝エキスは、メラニンの産生を防ぐ作用を持っています。

肌サビ改善作用・SOD様作用(甘草葉エキス)

甘草葉エキスは、活性酸素を消去してくれる働きを持っています。

ヒアルロン酸増殖作用(マジョラムエキス)

マジョラムエキスは、肌細胞に直接働きかけヒアルロン酸の増殖作用を促します。

肌の細胞増殖効果(高麗人参エキス)

高麗人参エキスは「線維芽細胞」の増殖に非常に効果があります。

コラーゲン増殖効果(ローヤルゼリーエキス)

ローヤルゼリーエキスは、その「線維芽細胞」に活力を与え、コラーゲンの合成を促進します。

紫外線ダメージ回復効果(オウゴンエキス)

オウゴンエキスは、紫外線のダメージを受けた皮膚を保護、回復させる効果を持っています。

新配合 「マルチイーエックスバッサム」

抗酸化や抗炎症・免疫調節効果が同時に得られます。

具体的には、ニキビ・アトピー性皮膚炎・多種多様な皮膚病を改善し、且つ化学物質からくる痛み、かゆみなどを減少させ、アレルギーによる発疹も取り除くことができ、感覚刺激や刺激性皮膚炎の抑制剤として非常に有効です。

選りすぐられた研究者たちの集まりで植物エキスから得られる「活性エキス」を開発することを得意としている企業により、最小限の副作用で高い抗炎症効果と免疫調節作用を得られる治療薬の開発に積極的に取り組んでいます。この目的を達成すために抗炎症、抗酸化や免疫調節の作用があるとされるフィトケミカル(植物由来の化学物質)を選定しました。

200種類の植物から7種類のハーブ科植物を厳選し、有効成分フィトケミカル(植物由来の化学物質・植物栄養素)を取り出し、最良の組み合わせ、配合量を実現した製剤が「マルチイーエックスバッサム」です。臨床試験で効果は実証されています。化粧品の原材料だけに限らず、医療現場でも適用する素晴らしい有効成分です。

天然由来抗炎症成分「7種類のハーブエキス」

チャ葉エキス

成分:EGCG

お茶の原料として知られるツバキ科のチャ樹はフラボノイドの一種である、カテキン類の中に含有している。中でもEGCGはもっとも多く含まれる物質であり抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用などの効能を持つ。

ツボクサエキス

成分:アイアチコシド

ツボクサは世界三大医学であるインドのアーユルヴェーダに使用されるハーブで、中国でも全草を薬用に使用する。滋養強壮、鎮静作用、免疫機能の改善、血管拡張などの効果がある。その主要成分はアシアチコシドであり近年はコラーゲン、エラスチンの合成促進効果も認められている。

カンゾウ根エキス

成分:グリチルリチン酸

スペイン甘草は西洋、東洋文化とともに数千年以上も昔から薬として

使用されている。甘草はグリチルリチン酸を含有しており、エストロゲン作用、アルドステロン作用、抗炎症、抗アレルギー、抗菌など多くの薬理作用が実証されていることが知られている。

カミツレ花エキス

成分:アピゲニン

カモミールは4千年以上も前から薬草として使われており、ヨーロッパでは最も歴史ある民間薬とされている。抗炎症、保湿、整肌作用が知られており、主成分はアピゲニンである。

イタドリ根エキス

成分:レスベラトロール

イタドリは抗酸化、抗炎症、鎮静効果を持っていることで知られている。若葉を揉み込んで傷口に当てると止血効果があり痛みも和らいだことが「イタドリ」の由来とされている。強抗酸化剤として知られるレスベラトロールが主要成分であり、他に有機酸、糖類、タンニンなどを含有する。

ローズマリー葉エキス

成分:カルノシン酸

ローズマリーはポリフェノールを高濃度含油し優れた抗酸化力と活性酸素除去活性力を持つハーブであり主成分のカルノシン酸には生体防御機構を活性化させる作用がある。

オウゴンエキス

成分:バイカリン

黄金花はミントと同じ族であり根の部分が鮮やかな黄色をしている。この植物の根は中国の数多くの漢方で使用されており頻度の高い生薬である。フラボノイド類であるバイカリンを含有し、抗酸化や抗炎症、抗アレルギー作用。保湿、細胞賦活の効果が挙げられる。